新型コロナウイルス感染拡大防止の徹底について【注意喚起】(2020.11.13)

令和2年11月13

学生の皆さんへ

学生支援センター
健康支援センター

新型コロナウイルス感染拡大防止の徹底について【注意喚起】

 

すでにご存じのことと思いますが、新型コロナウイルスの感染者が県内においても医療機関や高齢者施設、会食の場でのクラスターが発生しており、今後も感染の拡大が予想されます。これから年末年始を迎えるにあたり、クリスマスやお正月等の行事が控えていますが、多くの人が集まるイベントや会食への参加は控え、感染リスクを下げる行動をお願いします。
学生の皆さんには、引き続き、感染拡大防止に努めるとともに、以下の注意事項に留意し、慎重な行動をとっていただくようお願いします。

 

〇新しい生活様式
・外出時には、手洗いやマスク着用の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、
「新しい生活様式」を実践し、感染予防に努めましょう。
・特に、感染のリスクが高まる「5つの場面(①飲食を伴う懇親会等②大人数や長時間におよぶ飲食③マスクなしでの会話④狭い空間での共同生活⑤休憩室、更衣室等への
場所の切り替わり)」に注意してください。
・会食の際には、「少人数・短時間で」、「席の配置は斜め向かいに」、「ガイドラインを
厳守したお店で」など、感染リスクを下げながら楽しむ工夫をしてください。

 

〇感染の拡大防止 ・「体調の悪い方」は、帰省や旅行等を控えてください。
・「Go To トラベル」を利用するなどして、県外へ移動する場合は、移動先の流行状況や各都道府県が出す情報等を確認し、慎重に行動してください。
・帰県後は、特に注意して健康観察を行いましょう。
・アルバイトに従事する場合は、検温の実施やマスクを外さないなど、基本的な感染
対策をしっかり行ってください。

 

〇新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮
・新型コロナウイルス感染症は、誰もがどこでも感染する可能性があります。SNS等の発信で感染者を誹謗中傷する行為や情報を拡散する行為は厳に慎んでください。大学生として、正しい情報に基づき、相手の立場に立った行動をお願いします。