森山研究室(日本画)と大三島美術館のコラボ展開催!(2020.12.19-2021.01.31)

芸術学部|森山知己教授と森山研究室(日本画)に在籍する学生が今治市の大三島美術館とコラボ展示を開催します。お近くにお越しの際はぜひ足をお運びください。

■今治市大三島美術館・倉敷芸術科学大学森山知己研究室コラボ展示「はじまりの時」
芸術学部|森山知己教授、芸術研究科博士(後期)課程|原田よもぎさん、芸術研究科修士課程|藤原優希さん、潮嘉子さんの作品が展示されます。

会期

2020年12月19日(土)~2021年1月31日(日)

時間

9時~17時

休館日/毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)

場所

今治市大三島美術館(今治市大三島町宮浦9099-1)

学生 2名の出品屏風は、学生自らが屏風自体も制作し、倉敷屏風祭参加を念頭において制作してきました。岡山県表具内装協会からも制作指導などで協力をいただいています。
潮嘉子さんの作品ではデニムを使った屏風を出品予定です。現在、本学11号ZONEではデニムパンツに金魚を描いた作品も展示中。鮮明に描かれた作品は必見です。

1月23日(土)には美術館で解説他・ワークショップを開催する予定です。

ワークショップ

「たらしこみで知る日本画の伝統」

日時/2020年1月23日(土)10:00~12:00

参加費/無料 ※入館料は必要

定員/16名(小学4年生以上) 持ち物/書道用の小筆1本

デザイン芸術学科オリジナルサイトはこちら