【動物生命科学科】本学科における新型コロナウイルス対策について(2021.01.29)

動物生命科学科には教育動物病院が設置されており、診療業務に加え学科飼育動物の飼育活動も行っています。

現在も新型コロナウイルス対策を念頭に置き、これらの活動を行なっています。動物飼育および診療業務では共同作業を行う関係で、どうしても人と人の距離が近くなることもあり得ます。したがって本学科では、教員も在学生も体調と衛生管理に気をつけて動物と共に学んでいます。

病院の入り口には非接触式体温計とスタンド式手指消毒薬を設置し、さらに待合室から診察室に入る手前及び実習室にも自動手指消毒器を置いています。日常の体調と衛生管理に加え、病院に入る前には体温を測定し、手指消毒を改めて行います。これからも新型コロナウイルス対策に万全を期し、診療業務と動物飼育に取り組んでまいります。


新型コロナ対策のために使用している、スタンド式消毒薬・自動手指消毒器と非接触式体温計の購入は、小合龍夫教育助成金によって実現することができました。心から感謝いたします。