令和2年度学位記授与式を挙行しました(2021.03.23)

2021年3月23日(火)、令和2年度学位記授与式が挙行され、4学部、大学院、留学生別科を卒業・修了する353名に学位記ならびに修了証書が授与されました。本年度は新型コロナウイルス感染症対策として、午前・午後の2部制で椅子を約2メートル間隔に配置して実施しました。


河野学長からは、「これから社会人として、自分を意識し、家族や周囲の人たちとの絆をしっかりつくって、夜空に輝く星のように、いつも光を放つ人生を歩んでください。本学で学ばれ培った力を存分に生かしながら「一隅を照らす人」すなわち「国の宝」になっていただきたい。」との祝辞がありました。

また、卒業生代表からは、「私たちは、明日から、自分の選んだ道へ進んでいきます。卒業生一同、この大学で学んだことを生かし、一隅を照らすことのできる人材になれるよう日々努力することを誓います。」との謝辞がありました。


式後には、同級生たちと別れを惜しむかのように写真を撮ったり歓談する姿が見られました。今後、それぞれの道でますます活躍してくれることを期待しています。