【学生のみなさんへ】夏休み期間中における新型コロナウイルス感染症拡大防止について【注意喚起】

令和3年7月28日

学生の皆さんへ

学生支援センター

健康支援センター

 

夏休み期間中における新型コロナウイルス感染症拡大防止について【注意喚起】

 

倉敷芸術科学大学では、授業や実習は対面式を基本として行っています。そのため、学生の皆さんには、換気・手洗いやマスク着用の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、感染拡大防止にご協力頂いているところです。

しかし、岡山県においても1日あたりの感染者数が緩徐に増加傾向にあり、学生の皆さんは、ワクチン接種後も以下の点について注意し、感染拡大防止のための行動を徹底してください。自身が感染しないため、他者に感染させないための行動を改めてお願いします。

1.感染予防について

① マスクの着用、手洗い、身体的距離の確保、3密回避などの基本的な感染予防対策を徹底すること
② 不要不急の外出を自粛すること(特に緊急事態宣言が発令されている都道府県・まん延防止等重点措置地域とその他の地域との往来)
③ 混雑している場所・時間を避けて行動すること
④ 感染防止対策が徹底されていない店舗等での飲食及びアルバイトを避けること
⑤ 大人数の飲食や長時間の会合、日頃会わない方を含む長時間の会食を避けること
⑥ 営業時間短縮が要請されている時間以降の飲食店への出入りは厳に慎むこと
⑦「感染リスクが高まる5つの場面」(1.飲酒を伴う懇親会等、2.大人数や長時間に及ぶ飲食、3.マスクなしでの会話、4.狭い空間での共同生活、5.居場所の切り替わり)に注意すること

 

2.課外活動について

7月16日付け学生支援センターからの「夏休みの課外活動について」に従い行動すること。

① 事前に「学内活動届」「学外活動届」「施設使用願」の申請書を提出した上で、感染予防対策を徹底して活動し、事後に「活動結果報告書」を提出すること。
② 「緊急事態宣言」および「まん延防止等重点措置」の発令されている都道府県での活動は許可しない。
③ 宿泊を伴う合宿については原則禁止する。ただし、大会に参加するための宿泊を伴う活動については、事前に学長決裁を受けた上での活動を認める。

 

3.健康管理・健康観察について

① 日頃から、ご自身の健康管理・観察に留意し、体調に異変を感じた場合は、各市町村の受診相談センターに相談し、医療機関を受診すること
② 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合や濃厚接触者と特定された場合は、必ず大学に連絡すること

 

夏季休暇中の連絡先: 健康支援センター(086-440-1003)
大学代表(086-440-1111 土日、祝日、夜間、8/7~8/19)

以上