メディア映像学科2年生「令和3年度倉敷市大学連携講座のパンフレット表紙」をデザイン(2021.08.03)

メディア映像学科2年生の永瀬夢菜さん(岡山県立岡山工業高等学校出身)がデザインしたのは、倉敷市大学連携講座のパンフレット表紙です。倉敷市大学連携講座とは、倉敷市主催の市民向け講座です。この講座に倉敷市内の11大学が講師を派遣しています。

今回は、倉敷市からの依頼でメディア映像学科アニメコースのゼミ生各々がパンフレット表紙をデザインし、その中で永瀬さんのデザインが採用されました。

依頼の際、倉敷市からは、大学を身近に感じた上で誰でも気軽に講座に参加できるようなデザインにしてほしいとの要望があったそうです。そこで永瀬さんは、倉敷市内11大学で学べる学問要素を「黒板に貼られたポスター」という形で表現しました。また、このパンフレットは通年で使用するため、絵柄の一部は時期により入れ替え、季節感が表現できるように工夫を凝らしています。

永瀬さんは「大学連携講座には様々な講座があるということを老若男女問わず広く伝えたいと思いました。そのため、性別年齢にとらわれることのないよう、あえて講座を受講している人物像をモチーフにしない形でデザインしました。」とデザインに対する想いを話してくれました。

倉敷市大学連携講座では、多くの大学教員が様々なテーマで講座を行っています。専門知識のない人でも楽しく興味深く受講できる内容となっています。パンフレットのデザインを鑑賞すると同時に、興味のある講座がありましたらぜひ参加してみてください。

 

倉敷市大学連携講座の詳細はこちらからご覧になれます。https://www.city.kurashiki.okayama.jp/renkeikoza/