女子バスケットボール部員2人が国体代表選手に選出(2021.08.05)

2021年8月21日(土)、22日(日)に岡山市総合文化体育館で行われる「第76回国民体育大会中国ブロック大会バスケットボール競技(成年女子)」の県代表選手として本学女子バスケットボール部から2名が選出されました。

岡山県代表選手として本学女子バスケットボール部キャプテンの小林海輝さん(健康科学科3年・富岡東高校出身)、島根県代表選手として同部の永田夢生さん(健康科学科2年・明誠高校出身)が選ばれました。


岡山県代表:小林海輝さん(健康科学科3年・富岡東高校出身)

「新型コロナウイルス感染症の影響で試合数が減り、アピールの機会が少ない中で選ばれたことは嬉しく思います。初めての国体選出で緊張もありますが、コートに立てば、自分の長所を活かして少しでもチームに貢献したいと思います。そして国体代表で学んだことをチームに持ち帰り、個人やチーム力の向上に繋げたいと思います。」


島根県代表:永田夢生さん(健康科学科2年・明誠高校出身)

「愛着のある地元島根県の代表に選ばれたことを嬉しく思っています。大学入学から熱心に指導にしてくださる先生や先輩方への感謝の気持ちを忘れず、国体代表というレベルの高い環境で得た課題を克服・修正することでプレイヤーとしてもう一回り成長したいです。」


大家監督(女子バスケットボール部監督)

「小林さんは優れたリーダーシップを活かし、昨年度(2年次)からチームを良くまとめてくれています。外角のシュート力とスピードは県内トップレベルの実力を持っています。

永田さんは、常に状況判断が出来る冷静な選手で安定したプレーが持ち味です。高い判断力と技術力を兼ね備えたオールラウンドプレイヤーです。

2名とも両県の代表として参加するので、自覚を持って闘って欲しいと思います。」


中国ブロック大会において1位または2位になった場合、2021年9月26日(日)から三重県で開催される第76回国民体育大会「三重とこわか国体」への出場が決まります。

本学女子バスケットボール部は現在インカレに4年連続出場中の中国地区を代表するチームです。お二人、そしてチームとしても今後の活躍に期待したいと思います。