真備児童館で小学生対象「科学教室」開催(2021.08.05)

真備児童館にご依頼いただき、2021年8月5日に本学 生命科学部生命科学科 仲章伸教授 が、同児童館のキッズカーニバルの一環で「科学教室」を開催しました。コロナ禍ということもあり、対象は小学生で参加募集人数は10名でしたが、ありがたいことにすぐに定員に達したそうです。

教室は「液体窒素であそぼう」「ブラックライトの世界」と題して、液体窒素で色々なものを凍らせて身近なものの状態の変化をみたり、紫外線を出すブラックライトで身の回りにあるものを照らして蛍光の不思議を体感したりしました。

参加者は「楽しかった!」とみなさんとても喜んでくれました。みなさんの喜ぶ姿に仲先生もニッコリ。

科学を身近に感じて、身の回りの不思議を「知りたい!」と思ってくれる子供たちが増えると嬉しいです。夏休みの自由研究で、さらに知ることの楽しさに触れてください!