2021年度岡山県大学生消防応援隊認定式が挙行されました(2021.08.06)

岡山県は、地域防災の中核として活躍できる次世代を担う若者を育成するため、大学および地域で消防防災に関する活動を行う大学生によるサークルの結成およびその活動を支援しています。

本学の危機管理学部危機管理学科には「警察・消防キャリアコース」があり、将来消防士を目指す学生はこのコースに所属しています。さらに学生のうちから防災への意識を高め、消防のノウハウを積み上げるため、2017年度に課外活動として「学生消防隊」を結成しました。隊員となった学生たちは防災力向上に向け日々精進しています。

そのような中202186日(金)、本年度も本学で岡山県大学生消防応援隊認定式が挙行され、22名の学生が岡山県の学生消防応援隊員として認定されました。

認定式では岡山県消防保安課の方よりご挨拶をいただいた後、学生消防隊代表の危機管理学科3年生戸田幹太さん(倉敷高等学校出身)が「私たちは、岡山県大学生消防応援隊として、活動を通じて、消防・防災に関する知識・技術の習得に努め、大学や地域のために活動することを誓います。」と力強く決意表明を行った。

最近はコロナ禍の影響で活動が制限されていますが、今後も引き続き訓練を積んで地域防災に貢献していきます。