【学生のみなさんへ】前期・集中講義科目 遠隔授業の実施について(2021.08.26)

令和3年8月26日

前期・集中講義科目 遠隔授業の実施について

学生支援センター長 岡 憲明
教育開発センター長 唐川 千秋

学生の皆さんへ

2021年8月25日付で、岡山県に「緊急事態宣言」が発出される方針が決定しました。

本学では、こうした状況を踏まえて、8月27日(金)から9月12日(日)までの期間の集中講義については遠隔授業の形態で開講します。皆さんの安全・安心を守りながらも、大学での学びを実現するために必要な措置ですので、ご理解ください。

なお、この期間は延長する可能性があります。大学からのお知らせをよく確認してください

 

【遠隔授業の実施について】

① 遠隔授業は、担当教員が作成したGoogleClassroomをプラットフォームとして講義が行われます。講義の進め方は担当教員によって異なることがありますので、担当教員の指示に従ってください。GoogleClassroomの利用に問題がある学生は、担当教員に申し出てください。

② 実験・実技など科目の性質上からやむを得ず対面での実施が必要な科目もあります。教員から対面での実施が案内された科目は学内で行われますので、指示や注意に従って受講してください。

③ 対面で実施の実験・実技科目を受講する学生が前後の時限に遠隔での講義がある場合や、通信環境の問題で講義に参加できない場合は、講義室やコンピュータルームの利用を認めます。

・講義室を利用する場合は、必ず当該科目が実施される講義室を利用してください。
・コンピュータルームを利用する場合は、事前申請が必要となります。講義の前に教務課で手続きを行ってください。

また、ハウリングを避けるためにマイク付きのイヤホンもしくはマイク付きのヘッドホンを必ず使用してください。

 

【授業以外での学内入構について】

大学内に入構する学生は、事前に「許可申請書」をチューターへ提出して下さい。

※「許可申請書」は倉敷芸術科学大学ポータルサイトからダウンロードしてください。