岡山県交通安全啓発ポスター作品の審査会が本学で行われました(2021.09.03)

本日93日(金)、水島地区の小学生のみなさんが描いた交通安全啓発ポスター作品の審査会が本学で行われました。

岡山県では921日から30日までの10日間「秋の交通安全市民運動」が県内一斉に展開され、これにあわせて倉敷市水島地区交通安全対策協議会が交通安全啓発ポスター作品を募集しました。

作品の応募総数は58点で、個性豊かなポスターが勢ぞろいしました。これら多くの作品の中から優秀作品を絞るのは大変ですが、本学芸術学部デザイン芸術学科の森山知己教授、後藤秀典教授、クリス ウォルトン准教授が相談しながら、アイデア・ビジュアル・視点のおもしろさなどを考慮し、最優秀賞・金賞・銀賞・銅賞を選出していました。

応募された全作品は、秋の交通安全市民運動期間中(9月21日~930日)倉敷市水島支所1階ホールで展示されます。お近くへお立ち寄りの際はぜひご覧いただき、子どもたちの力作をご堪能ください。

左から、森山先生・ウォルトン先生・後藤先生

デザイン芸術学科オリジナルサイトはこちら