在学生が「総社市インターンシップ政策提言 優秀賞」を受賞(2022.03.30)

メディア映像学科 2年 鳥越愛加さん(岡山県立倉敷南高等学校出身)が、「総社市インターンシップ政策提言 優秀賞」を受賞し、2022年3月18日に総社市役所において表彰式が行われました。

鳥越さんの政策提言「ヤングケアラーの実態調査」は、ヤングケアラーがいる家庭に対する補助を行うことを目的に、実状を調査・公開し、対策案を募集するというものでした。

総社市の片岡聡一市長からは「総社市が力を入れているヤングケアラー支援についての政策提言を考えてくれたことがうれしい」とコメントをいただきました。


【「総社市インターンシップ政策提言」とは】

総社市のインターンシップに参加した学生が、実習を通して日頃の生活の中で気付いたことを基に、総社市に対する「政策提言」を行った。

その提言内容について独創性や伝達力などを基準に評価を行い、優れた提言について表彰するもの。

2021年度は岡山県内7大学から90名の学生が総社市のインターンシップに参加した。

インターンシップの成果報告会で発表された59名の提言の中から、5名が優秀賞に選定された。