デザイン芸術学科

デザイン芸術学科Department of Design & Arts

感動を与えるプロフェッショナルな人へ 芸術学部

 

伝統から未来へ。
デザイン芸術学科は、若き造形家の豊かな創造性を引き出し、
次世代のデザイナーとアーティストを育成します。

  • 学科オリジナルサイト
  • オリジナル動画
  • この学科の教員一覧
こちらのタブ(分野紹介、この学科の特徴、カリキュラム一覧、就職・進路先)をクリックすると、コンテンツの表示を切り替える事ができます。
arrow

分野紹介

デザイン領域
img
イラストレーション
イマジネーションを視覚化し、社会へ発信するイラストレーションを学ぶ分野。広告物、本の装丁、Web、雑誌、絵本、アニメーション、キャラクター制作など、多様な表現力と技法を探究します。
img
ビジュアルデザイン
グラフィックデザインからWeb・モーションなどのデジタル表現まで多様なビジュアルコミュニケーションを学ぶ分野。広告、ブランディング、パッケージ、サインなどの設計・表現方法を探究します。
img
生活プロダクト
生活雑貨、家電、家具などの製品デザインを学ぶ分野。ユニバーサルデザインやエコデザインも学び、新たな生活文化を提供するための理論と実践プロセスを探究します。
img
ファッション・テキスタイル
テキスタイルおよびファッションを総合的に学ぶ分野。イメージを立体・衣服にする基礎を修得し、自由な発想をもとに新しい造形表現の理論と技法を探究します。
アート領域
img
造形芸術
日本画、油彩画、版画、彫刻の古典技法から、現代の素材を用いる技法まで学びます。絵画制作では膠、和紙、顔料、筆、キャンバスなど専門性の高い素材と表現との研究に取り組みます。彫刻制作については、塑造技法を中心に様々な素材を用いた表現および各種キャスティング(型取り)技法などを含めた本格的な彫刻制作を追求します。
img
工芸
ガラス工芸、陶芸など様々な技法の研究ができます。ガラス作品の制作では吹きガラス、カット、研磨、接着など幅広い技法と表現とを学びます。陶芸作品の制作では、各地の陶土·釉薬を研究し、ろくろ、手練り、板練り形成などを学び、炎芸術の深い世界を追求します。
img
現代アート
現在のアートシーンを理解するため、文脈歴史、構造、実技を学びます。文脈では美学、思想を学び、歴史ではコンセプチュアルアートを源流とし、構造では主に国際展を概観します。実技では現代絵画、立体、映像ソフト(Adobe、3DCG)の技法を学びます。これにより現在のアートシーンを総合的に理解し、社会との相互関係を読み解くことで今後のアートの展開を探求します。

この学科の特徴

7の造形分野の専門性と総合性

デザインとアートの2領域7分野。それぞれの専門性と、分野を融合した総合性の両面から、新たな価値創出の理論と手法を学びます。

産学官連携で磨く実践力・就業力

全学年を通じて行われる総合プロジェクトでは、産学官連携を通して実社会のテーマに取り組み、実践力と就業力を磨きます。

中学・高等学校の美術教員をめざせる

資格関係科目を履修することで、中学校・高等学校教諭一種免許状(美術)や学芸員などの資格を取得できます。

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状<美術>
  • 高等学校教諭一種免許状<美術>
  • 学芸員

デザイン芸術学科カリキュラム

※下記は2019年度のカリキュラムです。進行年次により変更になる場合があります。

●必修科目

1年次

デザイン、美術、工芸の歴史と理論を学び、演習科目では平面・立体の造形やデザインの基礎とコンピュータのスキルを身につけます。プロジェクト演習ではグループワークにも取り組みます。

芸術学
  • ●西洋美術史
  • ●日本美術史
  • デザイン史
  • 工芸史
  • 美学・芸術学概論
  • 現代芸術論
  • デザイン概論
  • 構成論
  • 図学
  • 色彩学
基礎科目
  • ●絵画基礎Ⅰ・Ⅱ
  • ●彫刻基礎
  • ●工芸基礎
  • ●デザイン基礎Ⅰ・Ⅱ
  • コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱ
  • 製図演習Ⅰ・Ⅱ
総合プロジェクト科目
  • ●プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ

2年次

デザインおよび美術工芸の演習科目を自由に組み合わせて幅広く学び、自分の専門性を見極めます。デザイン分野の理論を学習し、総合プロジェクト演習ではプレゼンテーション技術も身につけます。

芸術学
  • 東洋美術史
  • ファッション文化史
  • 日本近代美術史
  • デザイン理論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • サステイナブルデザイン論
  • ユニバーサルデザイン論
基礎科目
  • 絵画基礎Ⅲ
  • デザイン技法演習Ⅰ・Ⅱ
  • 材料学Ⅰ・Ⅱ
専門科目
  • 美術工芸演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ
  • デザイン演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ
総合プロジェクト科目
  • 総合プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ
関連科目
  • 映像表現史
  • メディア・アート論
  • 芸術文化論
  • 博物館概論
  • 博物館学特論
  • 博物館資料論
  • 博物館教育論
  • 博物館情報・メディア論

3年次

デザイン領域、アート領域の7分野の中から1分野を選択し、実習科目を通してより専門的に学びます。企業や地域と連携した広領域の総合プロジェクト実習では応用力と実践力を身につけます。

専門科目
  • 美術工芸実習Ⅰ・Ⅱ
  • デザイン実習Ⅰ・Ⅱ
総合プロジェクト科目
  • 総合プロジェクト実習Ⅰ・Ⅱ
  • プロジェクトマネジメント論
  • 知的財産権
関連科目
  • 認知科学概論
  • コピーライティング
  • タイポグラフィー
  • 文化財学概論
  • 博物館経営論
  • 博物館展示論

4年次

選択した領域・分野で学んだ専門性と、総合プロジェクト科目で身につけた総合性の両面から、自らのテーマで集大成としての卒業研究に取り組みます。

芸術学
  • デザイン芸術特論Ⅰ・Ⅱ
総合プロジェクト科目
  • 総合プロジェクト実習Ⅲ
関連科目
  • 博物館資料保存論
  • 博物館実習
その他
  • ●卒業研究

就職・進路先

就職状況

旧美術工芸学科と旧デザイン学科の合算です。

めざす進路

  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • プロダクトデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • 工芸作家
  • アーティスト
  • 中学・高等学校の美術教員
  • 博物館学芸員 など