生命科学科Department of Life Science

生命科学部
生命科学科

3つの特徴的なコースから、
ライフサイエンスの新たな可能性を追究する。

地球全体を研究ステージとし、「生命」を広く科学します。「生命化学」「臨床工学」「バイオ」の3コースにより修得し、生活に密着したライフサイエンスの分野で活躍できる人材を育成します。

  • 学科オリジナルサイト
  • オリジナル動画
  • この学科の教員一覧
こちらのタブ(コース紹介、この学科の特徴、カリキュラム一覧、就職・進路先)をクリックすると、コンテンツの表示を切り替える事ができます。
arrow

コース紹介

生命化学コース

人と地球にやさしいグリーンケミストリーを学ぶ。

img

グリーンケミストリー(環境に優しい化学技術)の高度な専門分野を学習。医薬品合成、太陽電池材料の開発、環境生物化学など環境保全と工学の両立を学びます。

臨床工学コース

臨床工学技士の国家資格取得で高い合格率を誇る。

img

医療機器の専門家である臨床工学技士(CE)。医療の高度化に伴い、病院でのニーズが高まっています。本コースでは受験資格を4年間で取得できます。

バイオコース

微生物・植物から魚類までの生命現象を学ぶ。

img

「フード」「アロマ」「マリン」をキーワードとして、バイオテクノロジーの知識を学び、バイオの分野で活躍できる人材を育成します。特にマリンバイオサイエンス分野では、海や川の生物に関する基礎知識を身につけ、水生生物の飼育・管理・増養殖の分野で活躍できる人材の育成を目的とします。

この学科の特徴

3コースから生命科学を探究

本学科では3コースを設定。生命メカニズムの解明や、医療、食料、環境などへの応用をめざし、ライフサイエンスを探究します。

実践教育に基づく臨床工学技士教育

生命の尊さと不思議さ、そして医療の重要さを学びます。医学と工学の知識を備えたスペシャリストを育てます。

医療・食品業界など多彩な進路へ

医療業界、食品業界、化学メーカー、バイオ・環境関連企業、大学院進学など多彩な進路に実績があります。

めざす資格

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状「理科」
  • 高等学校教諭一種免許状「理科」
  • 博物館学芸員

関連する資格

  • 臨床工学技士
  • 基本情報技術者
  • 特許管理士
  • バイオ技術者認定試験(上・中級)
  • 臭気判定士
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 調剤報酬請求事務専門士
  • 医療情報技師
  • アロマテラピー検定(1・2級)
  • 2級ビオトープ管理士(計画・施工)
  • 技術士補(化学・応用理学・生物工学・環境部門)
  • 公害防止管理者(大気関係・水質関係第1種)
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種化学責任者)

生命科学科カリキュラム

※下記は2016年度のカリキュラムです。進行年次により変更になる場合があります。

●印必修科目 ◎印選択必修科目(臨床工学コース以外は必修)
★印臨床工学技士受験資格関連科目として原則必修

1年次

生物や化学に関する基礎的な講義や実験を通して、どのコースに進むか、大まかな選択を行います。

専門基礎科目
  • ●生命科学基礎実験
  • ●基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • ★基礎数学
  • ★基礎物理学Ⅰ・Ⅱ
  • ★生化学
  • ★生理学Ⅰ
  • ★電気工学概論Ⅰ
  • ★応用数学
  • ★医学概論
  • ★公衆衛生学
  • ★解剖学
  • 基礎化学Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎生物学Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎地学Ⅰ・Ⅱ
  • 分析化学
  • 有機化学
  • 基礎物理学実験
  • 無機化学Ⅰ
生命化学
  • 無機化学Ⅱ
その他
  • 生命科学ゼミナールⅠ

2年次

それぞれの専門に関する知識を深めます。同時に生命倫理やSPI能力適性検査対策の演習も実施します。

専門基礎科目
  • ●基礎化学実験
  • ●特別演習Ⅰ・Ⅱ
  • ★臨床免疫学Ⅰ
  • ★電気工学概論Ⅱ
  • ★電子工学概論Ⅰ・Ⅱ
  • ★看護学概論
  • ★物性工学
  • ★機械工学
  • ★計測工学
  • ★病理学Ⅰ
  • ★航空医工学Ⅰ・Ⅱ
  • 物理化学Ⅰ
  • 基礎生物学実験
  • 基礎地学実験
  • 基礎分子生物学
  • 減災・備災のすすめ
生命化学
  • グリーンケミストリー入門
  • 環境科学概論
  • 天然物化学
  • 高分子材料
  • 物理化学Ⅱ
  • 酵素化学
  • 香りの化学
臨床工学
  • ★医用工学実習
  • ★臨床生理学Ⅰ・Ⅱ
  • ★医用機器安全管理学Ⅰ
バイオ
  • 食品機能学
  • 水生動物学
  • 水族飼育技術論
  • 香料学概論
  • 酵素化学
  • 香りの化学
その他
  • 生命科学ゼミナールⅡ・Ⅲ

3年次

後期には研究室配属を行い、さらに専門性を高めます。これまでに学んだ基礎知識を研究に応用します。

専門基礎科目
  • ●生命科学実験
  • ●特別演習Ⅲ・Ⅳ
  • ★薬理学
  • ★材料工学
  • 減災・備災体験実習
生命化学
  • 医薬合成基礎
  • バイオテクノロジー
  • 応用微生物学
臨床工学
  • ★医用機器学概論
  • ★医用治療機器学
  • ★生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ★医用機器安全管理学Ⅱ
バイオ
  • 水界生態学
  • 香料品科学
  • バイオテクノロジー
  • 応用微生物学
その他
  • 生命科学ゼミナールⅣ

4年次

資格取得および卒業研究などに取り組みます。就職のほか、大学院進学も選択の一つです。

臨床工学
  • ★関係法規
  • ★医用治療機器学実習
  • ★生体計測装置学実習
  • ★生体機能代行装置学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ★医用機器安全管理学実習
  • ★臨床病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • ★臨床工学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
その他
  • ◎卒業研究

就職・進路先

就職状況

めざす職業

  • 臨床工学技士
  • 食品・化粧品会社の開発担当
  • バイオや環境の研究者
  • 水産生物の飼育・管理・養殖の研究者
  • 中学・高等学校の理科教員 など
Last Updated:2016/05/10