健康科学科<健康科学専攻>Major of Health and Sports Science

生命科学部
健康科学

スポーツ、健康、救急救命、環境…
キーワードは多種多様。社会の即戦力となるために。

それぞれの目標に向かって積極的にチャレンジする学生をバックアップし、子どもから高齢者まで幅広く指導できる健康とスポーツのスペシャリストを育成します。
キーワードはスポーツ、健康、救急救命、環境など多種多様。人々の豊かな生活に貢献できるプロフェッショナルを育てます。

  • 学科オリジナルサイト
  • オリジナル動画
  • この学科の教員一覧
こちらのタブ(コース紹介、この専攻の特徴、カリキュラム一覧、就職・進路先)をクリックすると、コンテンツの表示を切り替える事ができます。
arrow

コース紹介

健康・運動指導者コース

年齢や体力に応じた、適切な健康・運動指導を。

img

安全で効果的な健康・運動指導を行うために、年齢や体力に応じた最適な方法を見つける必要があります。本コースでは、運動、栄養、休養の学習を通じて、幅広い年齢層に健康・運動指導ができる人材を育成。健康運動関連の資格取得を視野に入れた科目も設定しています。保健体育科教員免許状取得希望者も、主としてこのコースで学びます。

アスレティックトレーナーコース

アスリートを総合的にサポートしていくために。

img

栄養サポート、障害予防、コンディショニングなど、アスリートが直面する問題は多様化しています。本コースでは、こうした問題解決をサポートできるスポーツ医・科学のスペシャリストになるべく、知識や技術を修得。卒業時のアスレティックトレーナー資格取得をめざします。

救急救命士コース

ひとつの命を救う、救急医療の最前線へ。

img

傷病者に的確な措置を行うための高度な医学的知識と技術が必要とされる救急救命士。近年はチーム医療体制の普及に伴い、コミュニケーションスキルも求められます。本コースでは、これらの知識・技術をバランスよく学び、救急医療の最前線で活躍するプロフェッショナルを育成します。

この学科の特徴

最新鋭の機器を用いて最先端の知識を学ぶ

ブレスバイブレス法による酸素摂取量測定システムや高速度カメラなど最新鋭機器を備え、皆さんの学習と研究活動を支えます。

大学で得た知識を現場で実践

病院やスポーツクラブ、競技スポーツ現場など、将来の目標に応じた現場実習カリキュラムを編成し、皆さんの夢をサポートします。

医療・健康分野のプロフェッショナルを育成

本専攻では、救急救命士や教員、健康・運動にかかわる資格取得が可能。本専攻を巣立ち、社会に貢献できる人材を育成します。

めざす資格

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状「保健」
  • 中学校教諭一種免許状「保健体育」
  • 高等学校教諭一種免許状「保健」
  • 高等学校教諭一種免許状「保健体育」

関連する資格

  • 救急救命士
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • アスレティックトレーナー
  • スポーツプログラマー
  • ジュニアスポーツ指導員
  • 健康管理士一般指導員
  • 介護予防指導士

健康科学科カリキュラム

※下記は2016年度のカリキュラムです。進行年次により変更になる場合があります。

●印必修科目 ★印救急救命士資格取得希望者は必修 ◆印アスレティックトレーナー資格取得希望者は必修

1年次

身体の仕組み、機能と役割など健康科学分野の基礎から学びます。また4年後の夢の実現に向けた学科特別授業にも取り組みます。

共通専門科目
  • ★生理学
  • ★生化学
  • ★微生物学
  • ★解剖学
  • ◆機能的解剖学
  • 保健医療総論
  • 健康管理概論
  • メンタルヘルス
  • バイオサイエンス
健康・運動指導者
  • ◆スポーツトレーニング理論
  • スポーツトレーニング実習
  • 健康スポーツ概論
アスレティックトレーナー
  • ◆アスレティックトレーナー概論
  • ◆スポーツ指導者基礎
  • ◆体表解剖学
  • 食品栄養学
救急救命士
  • ★救急医学概論Ⅰ・Ⅱ
  • ★シミュレーションⅠ
関連科目
  • 食品学総論(食品加工学含む)
  • 生物環境科学
  • スポーツ実習Ⅱ(水泳)
  • ウィンタースポーツ実習
その他
  • ●基礎演習

2年次

1年次に学んだ基礎的知識をさらに深めるとともに、修得コースを選択・確定し、より専門性の高い講義・実習をおこないます。

共通専門科目
  • ★◆一般救急救命
  • ★環境保健科学
  • 健康科学
  • カウンセリング
  • 栄養学概論
  • 環境リスク論
  • 環境保健科学実験
  • 学校保健
  • 生活習慣病予防
健康・運動指導者
  • ★◆運動生理学
  • ◆体力測定法(実習含む)
  • ◆スポーツ心理学
  • ◆スポーツ栄養学
  • ◆ストレッチング理論(実習含む)
  • ◆スポーツ社会学
  • 運動負荷試験(実習含む)
  • 生涯スポーツ論
アスレティックトレーナー
  • ◆スポーツコンディショニング理論
  • ◆スポーツ指導論Ⅰ・Ⅱ
  • ◆スポーツ医学Ⅰ・Ⅱ
救急救命士
  • ★病理学
  • ★薬理学
  • ★精神医学
  • ★内科学Ⅰ(総論)
  • ★内科学Ⅱ(呼吸・循環系)
  • ★シミュレーションⅡ・Ⅲ
  • ★放射線科学
関連科目
  • 食品衛生学
  • 環境ハザード
  • 体育原理
  • スポーツ実習Ⅲ(球技)
  • スポーツ実習Ⅳ(武道)
  • フィールドワーク
その他
  • 減災・備災のすすめ

3年次

「ゼミナール」として、興味のある研究分野の研究室に所属。教員とともに研究活動を行い、より主体的に、より深く学びます。

共通専門科目
  • ★衛生学・公衆衛生学
健康・運動指導者
  • ◆トレーニング科学
  • ◆テーピング理論(実習含む)
  • 運動処方
  • スポーツマネージメント
  • トレーニング実習
  • 健康運動のプログラミング
  • 発育・発達と老化
  • エアロビエクササイズ実習
  • キッズスポーツ理論
  • キッズスポーツ実習
アスレティックトレーナー
  • ◆バイオメカニクス
  • ◆バイオメカニクス演習
  • ◆スポーツ障害論
  • ◆アスレティックリハビリテーション理論
  • ◆スポーツ医学Ⅲ
  • ヒーリング実習
  • 栄養指導論
救急救命士
  • ★救急・災害医療
  • ★内科学Ⅲ(消化器・内分泌系)
  • ★内科学Ⅳ(神経系)
  • ★外科学Ⅰ(総論)
  • ★外科学Ⅱ(各論)
  • ★小児科学
  • ★産婦人科学
  • ★整形外科学
  • ★脳外科学
  • ★医学検査
  • ★救命救助法
専門関連科目
  • スポーツ実習Ⅰ(陸上)
  • スポーツ実習Ⅴ(テニス)
  • スポーツ実習Ⅵ(体操)
  • 野外スポーツ実習論
  • 野外スポーツ実習
その他
  • ●ゼミナール
  • 減災・備災体験実習

4年次

将来を見据え、病院やスポーツクラブ、中学校・高等学校などで現場実習を実施。また「ゼミナール」を発展させ、「卒業研究」に取り組みます。

アスレティックトレーナー
  • ◆アスレティックリハビリテーション実習
  • ◆アスレティックトレーナー実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
救急救命士
  • ★シミュレーションⅣ
  • ★病院内実習
  • ★救急車同乗実習
その他
  • ●卒業研究

就職・進路先

就職状況

めざす職業

  • 疾病予防施設(医療法42条施設)
  • 健康増進施設
  • フィットネスクラブ
  • チャイルドスポーツクラブ
  • 介護福祉施設
  • 消防士
  • 救急救命士
  • 警察官
  • 一般企業
  • 中学・高校の保健・保健体育教員 など
Last Updated:2016/05/10