受験に関する注意事項

受験上の注意事項

本学では、入学試験の公平性・公正性、信頼性を確保するため、「倉敷芸術科学大学入学試験要項2020」47ページ に記載(詳細はこちら)のとおり措置を講じます。試験前までに必ず確認してください。
携帯電話、スマートフォン等の電子機器の取り扱いについても、「入学試験要項」の記載内容のとおり、試験開始前に 監督者から注意がありますので、指示に従ってください。
監督者の指示に従わない場合や、携帯電話等の電子機器を用いた不正行為、カンニングなどには、厳正に対処しますので、疑わしい行為も含め、絶対に行わないようにしてください。

芸術学部実技試験における彩色用具について

実技試験のうち、イメージ表現(推薦入試・一般入試前期・一般入試後期)を選択した場合、彩色用具として、色鉛筆・マーカー・水彩色鉛筆(※水は使用できません)が使用できます。

入試におけるインフルエンザ等対応について

インフルエンザ等は学校保健安全法施行規則により感染症に指定されているため、試験当日に感染している場合は、受験することができません。また、試験1週間前に感染した場合も、医師の許可がない場合は、受験することはできません。
なお、受験できない場合は、試験当日までに入試広報部(086-440-1112)にご連絡ください。

試験会場について

本学では、入試区分にあわせて複数の試験会場を設けています。試験会場の選択は自由ですので、受験に便利な試験会場を出願の際に選択してください。なお、出願後の試験会場の変更はできません。また、入試区分や選択科目により受験できない会場がありますので、注意してください。
試験会場の詳細はこちら

「受験上の配慮等の申請」について

障がい、急な事故、疾病等により、受験上の配慮を希望する場合、受験者は以下の手順で事前に相談してください。なお、受験上の配慮の要望内容により、対応できる試験会場が倉敷会場のみとなる場合があります。

①障がい等があり、受験および入学後の就学において特別な配慮を希望する場合

  1. 出願受付開始日の2ヶ月前までに入試広報部に連絡してください。センター試験利用入試の場合も、本学独自の試験はありませんが、必ず連絡してください。期限を過ぎると対応できない場合があります。
  2. 事前相談では、試験当日の配慮だけでなく、志望学科および必要に応じて健康支援センターと、入学後の就学・生活環境に支障がないか相談を行います。
  3. 相談時には、ア)受験上の配慮等申請書(A4、希望する対応・配慮を記載したもの)、イ)健康診断書(病院様式で可)、ウ)障がい者手帳または療育手帳のコピー等を提出していただく場合があります。
  4. 事前相談後、本学から受験および入学後の就学等の対応について連絡します。

② 急な事故・疾病等により受験時に配慮を希望する場合

  1. 至急入試広報部に申し出てください。
  2. 「受験上の配慮等申請書」はこちら

出願書類について

インターネット出願サイトより出願申込を行ってください。出願申込を完了し、入学検定料の支払いを行った後、出願に必要な書類を送付してください。
出願に必要な書類の詳細はこちら

入学検定料について

各入試区分により入学検定料が異なります。また「入試特待生チャレンジ制度」や「同時出願検定料割引制度」などの検定料割引制度もあります。必ずご確認のうえ面談申込を行ってください。
入学検定料の詳細はこちら

併願について

他大学との併願や入試特待生チャレンジ制度等についてを記載しています。
併願についての詳細はこちら

受験票について

受験票は出願書類等を受理したのち、受付順に本学から発送します。
※受付締切日が迫って出願書類を受理し、受験票を送っても行き違いになると判断したときは、入試広報部で受験票を預かります。受験票が届かない場合は、入試広報部に連絡を取り、受理されたことを確認したうえで、写真付身分証明書を持参して、その旨を入試当日係員(地方会場の場合は、監督者)に申し出て受験してください。

提出書類等(本学所定用紙)

以下から必要な様式をダウンロードしてご利用ください。
特別推薦入試【指定校】用 推薦書
特別推薦入試【自己推薦】用 自己推薦書
特別推薦入試【自己推薦】用 活動記録報告書
推薦入試A方式,B方式用 推薦書
推薦入試K方式 推薦書
推薦入試K方式,一般入試(後期)用 他大学合否判定申請書
社会人特別入試用 履歴書
社会人特別入試,国際バカロレア入試用 志望理由書